どんな時でもいつでも見守っている

皆さん、こんにちは

富山県にあるインド雑貨ショップ ラマナ・ムーン 店長のてぃだです!

先月末、20年を共に過ごした愛猫が天国に旅立ちました。

愛猫との出会いは千葉県で一人暮らしをしていた際に生後4ヶ月半で保護団体より譲り受け、その後まもなく、
実家のある富山県に引っ越しました。
また、私の引っ越しと共に沖縄県石垣島、愛媛県でも一緒に過ごしていました。

そして、今日、宿泊先のホテルのレストランで昇っていく朝日を見ていた時のことです。

「お母さん、ちばりよ~!」
と愛猫の声がしたのです。

そして、何度も何度も
「お母さん、ちばりよ~!!」
と語り続けてくれるのです。

「ちばりよ~」というのは沖縄の方言で「がんばれ~」という意味で、私が愛猫と石垣島で一緒に過ごしている時や、数年前から患った病気により
食欲が落ちたりした時に、愛猫へ「梅ちゃん、ちばりよ~!」「ちばりよは沖縄の方言でがんばれという意味だからね」と声をかけていたのです。



そのことにより、最近、いろんなことがあり気分が滅入りがちだったので、愛猫はお空に旅立った後も私の事を心配していたのだなと感じたのです。

そして、「いつでもお母さんの側にいるよ」
「お母さん、ありがとう。お母さん、大好きだよ」
と話してくれたのです。



天国に旅立ってからは、家の中でいつも話しかけていた愛猫がいなくなり寂しかったのですが、私は動物さんとアニマルコミュニケーションという
ツールを使ってお話しできるので、毎日遺影に向かって語りかけ、愛猫と会話していたのです。

なので、繋がりたい時には話ができるので不思議と寂しさを感じませんでした。

動物さんの肉体は私たちの目から見えないので、動物さんが天国に旅立った後、悲しくて寂しくて仕方ないという方もいらっしゃいますが、動物さんたちはお空の上にある天国から私たちのことをいつでも見守ってくれているのです。

私の愛猫も
「お母さんが、悲しい顔してると梅ちゃんも辛いよ
お母さんに笑顔でいてほしい」
と話してくれたのです。

今回の事で、愛猫から応援され、天国に旅立ってもいつも傍にいてくれるのだと感じたのです。

そして、天国に旅立った後も飼い主さんと動物さんはいつまでも繋がっているのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です