インド旅行記 vol.7 ~あるがままを受け入れる~

皆さん、こんにちは

富山県にあるインド雑貨ショップ「ラマナ・ムーン」店長のてぃだです!

インドのバス事情

ゲストハウスで数泊のんびり過ごし、いよいよ次の街へと移動しようとしていた時の事でした。

インドでは、移動手段としてバスが主流なのですが、バスはローカルバスとデラックスバスに分かれるのです。

ローカルバスのメリットは安い、デメリットはエアコンが無いことが多く、デラックスバスのメリットは指定席、エアコン付き、スリーパーと呼ばれる寝台席があるのですが、長距離移動なので、前もってデラックスバスを予約していました。
ちなみに、運賃は片道2000円ほどでクレジットカード決済です。

バス予約サイト redBus

泊まっていたゲストハウスの周辺はこんな感じでした♪

日中の午後は、暑くて外に出られないので、部屋の前にある陶製の揺り椅子でのんびり過ごすのが日課となっていたのですが、
自由を愛する私にとっては、ただ風に吹かれながら、思いのままに過ごす時間はとっても幸せな時間でした。

ブーゲンビリア
アーユルヴェーダコスメ BIOTIQUEのヘナリーフシャンプー

しかし、バスの乗り場が解りづらい!!!!

例えば、redBus で予約すると、以下のように書いてあったとしますが、「 Tiruvannamalai bus stop 」 だけでは全く分からないでないですか~(>_<)

例:Boarding Tiruvannamalai15:30Tiruvannamalai bus stop arrival at time 01:00 am

なので、宿のお姉さんに前もって、バスの予約票を見せて、バスの乗り場を確認していました。

google Mapで
「だいたいこの辺りね~」
と教えてくれたものの、心配だったので、トゥクトゥクの運転手さんにバス乗り場まで連れて行ってもらえるよう、お願いしたのです。

もう4回程、乗せてもらっている、顔なじみのトゥクトゥクの運転手さんです♪

バス乗り場はこんな感じ、解りづらい~(>_<)


そして、バス乗り場と思しき、ある道沿いのお店が並んでいる前で降ろされました。
でも、(本当にここですか??)と思える、普通の道沿いなのです。
周りを見回すと、確かに他に1名、バスの乗車客らしい若い男性がいました。

しかし、つい安心して油断してしまった私は、昼食を買うために隣のお店でパンを買ったのです。
そして、ウキウキしながら元の場所に戻ると、一人のおばさんが来たのです。
ちょうど、同時に、ある1台のバスがやって来て、おばさんが慌てて走るので、おばさんに「このバス、バンガロール?」と
聞くと「そうだよ!」と答えるので、バスに乗ったのです。

車掌さんに予約票を見せ、このバスで合っているか尋ね、走ること数分。。。
「ここで降りなさい!」
と降ろされてしまったのです。

またもや、どこかの道沿いで降ろされ、しかも予約していたバスの出発時刻は既に過ぎていました(>_<)
その辺りにいた若いお兄さんたちに事情を話すも、皆、難しい表情をしてどうしたらよいか解らない、という感じだったので
元のバス乗り場へと戻りました。

そうして、カレー屋のお兄さんに、バスに乗り間違えたことを話すと、

[word_balloon id=”3″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

もうバス行っちゃったよ。
だって、さっき違うバスに乗ったでしょ。

[/word_balloon]

ガビーン(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

時間も16時を回っていたので、違うバスに乗るのは諦め、宿に帰ることにしたのでした。。。

マハ・ラクシュミーからの贈り物
宿からの夕日

そうして、宿に帰り、お姉さんに事情を話すと、

[word_balloon id=”6″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

どうしてバスに乗り間違えたの?

[/word_balloon]
[word_balloon id=”4″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

間違えて、先に来たバスに乗ってしまいました

[/word_balloon]

と、説明し、もう1泊させてもらえるようにお願いしたのでした。

同じ部屋でいい?と聞かれ、それで大丈夫と伝え、お姉さんが部屋をセットしてくれている間、ロビーで待っていると、
おばあちゃんが「はい♪」とこのチャイを差し出してくれたのです~!!

「もしや、このチャイって宿で飼われているお母さん牛の牛乳から出来ているのですか?」
と尋ねると、
「そうだよ」
と答えてくれたのです。

このおばあちゃんのさり気ない優しさがとっても身に染みて、感動してしまったのでした(^^♪

ゲストハウスのロビー 
ゲストハウスのワンちゃん、ジュリー
ゲストハウスのお向かいのお宅のワンちゃん
ゲストハウスのテラスからの夕日
高校生くらいの男の子たちが花火で遊んでいました♪

ティルヴァンナマライで泊まるなら、ぜひ私が泊まったゲストハウスをお勧めします♪

Rainbow Guest House Tiruvannamalai 
https://www.booking.com/hotel/in/rainbow-guest-house-tiruvannamalai.ja.html

まだ続きます(^_^)/




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です