アーユルヴェーダ体質診断

皆さん、こんにちは

富山県にあるインド雑貨ショップ 「ラマナ・ムーン」店長のてぃだです!
昨日から富山県は雪が降り、町に積雪はないものの寒い一日となっています。

私がアーユルヴェーダと思いついて知っていたのは、シロダーラなどのオイルマッサージくらいでしたが、
インドに行き、BIOTIQUEのヘアシャンプーを使い始めたり、チャイを毎日飲むようになってからアーユルヴェーダに興味を持ち始めました。

アーユルヴェーダ講座に参加

その後、昨年の12月にインドのアーユルヴェーダ大学に9年通って勉強された方のアーユルヴェーダ初級講座に参加しました。

インドでは牛は神様の乗り物とされていて、牛さんの体にはそれぞれ神様が宿っていることを教わったのですが、インドに行った際に、おばあちゃんなどが近くにいる牛さんのおでこに手を当てて自分の眉間に手をあてる(牛さんの恩恵をいただいている感じ)光景を目にしたことがあり、そういうことだったのか~、大切にされているからインドの牛さんはみんな表情が穏やかなんだと思いました。

他にはスパイス別の効能や使用法、砂糖は白砂糖ではなく(精製されたものは体によくない)キビ砂糖や黒糖を使うことなど、牛乳は体を冷やすこと、(スパイス)カレーは身体に良いということなど、いろいろと教わりました。

毎朝のチャイで身体を温める

私はもともと寒いのが苦手だったのですが、朝に珈琲を飲むとその後すぐに胃腸を崩したりして体が冷えるのを実感していたので
スパイスは身体を温めると聞き、毎朝、チャイを作って飲むようになりました。

左にある瓶がグリーンカルダモンです

ちなみにチャイのレシピはクックパッドでインドのブラバールさんのレシピを知り、インドから仕入れたグリーンカルダモンを使い、カルダモンティーを作っています。
https://cookpad.com/recipe/868384
スパイスは体にとても良く、インドのカレーは胃もたれもせず、身体の調子がよくなり一日に3食食べても美味しく感じられるので私はよくスパイスから作っています!

アーユルヴェーダ体質診断

そこで、アーユルヴェーダについて知るために、googleさんで検索した所、良いサイトを見つけ早速、自分の体質診断をしてみました。
私はピッタ体質でしたが、思い当たるところがたくさんあり、とても勉強になりました。

食事を抜いたり、あるいはいつもより食事の時間が遅れて空腹感に襲われると、ピッタは我慢が出来なくなるというのは、一日3食きっちり食べないと気が済まないので、とっても納得できました(^_^;)
完璧主義で短気なのもあたっていましたし、 身体のあちこちに熱を持ちやすいというのも、いつも暑い暑いと言っているので、体質診断でここまで解るのかとビックリしてしまいました!

ピッタ体質の人は、集中力がありチャレンジ精神に溢れています。知性が高く、情報の収集や分析能力に優れています。
一方で、自身の利益やスキルアップに繋がる情報はよく記憶しますが、誕生日や記念日といったものは忘れがちです。
何事においても完璧主義になりがちで、短気で怒りっぽく、負けず嫌いなところがあります。


「ピッタ」の基本的な性質は「激しさ」です。短気な性格面だけでなく、体質としても、身体のあちこちに熱を持ちやすく、手足や皮膚、眼、胃や腸といった内臓においても熱を帯びやすい傾向があります。そのため暑さや強い光が苦手で、日焼けしやすく、皮膚の炎症や眼の充血なども起こしやすい体質です。

「火元素」と「水元素」からなる「ピッタ」は、アーユルヴェーダにおける「消化の火(アグニ)」が強く、食欲も旺盛です。
食事を抜いたり、あるいはいつもより食事の時間が遅れて空腹感に襲われると、ピッタは我慢が出来なくなります。
ピッタの特徴的な性質は熱性・鋭性・流性・変性・液性です。

ピッタは身体において、肉体における体温の保持、消化・吸収・代謝、感覚器官では特に視覚、免疫やホルモン分泌などの働きを制御しています。

アーユルヴェーダライフ 
https://www.ayurvedalife.jp/constitution_diagnosis_of_ayurveda.aspx

これからも、アーユルヴェーダを勉強して、自分がよりよく健康に生きるために取り入れていきたいと思います(^^♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です