自然からのメッセージで気づくこと

皆さん、こんにちは

富山県にあるインド雑貨ショップ「ラマナ・ムーン」店長のてぃだです!


今日は立山連峰が青空に映えてとても綺麗な一日でした。

また、富山県 富岩運河環水公園を散歩してきました。

いつでもただ在ることを教えてくれる ~一本の木からのメッセージ~

一本の木にチャネリングしてみると・・・

                   (写真は引用です)

いつもただここで見守っているよ

もうその言葉だけで心が愛で満たされていき穏やかになっていきます。

毎日が違うからワクワクして楽しい ~鴨さんからのメッセージ~

そして、今日も鴨さんにチャネリングしました。

                                          (写真は引用です)

てぃださん、今日も来てくれたの!

私たちはいつもここにいるの。
ここでみんなのことをいつも見守っているの。
疲れた顔、悲しそうな顔、幸せそうな顔をしてる人、いろんな人がいるわ。

私たちはいつもここにいて幸せなの。
だって毎日は同じじゃなくて、違うでしょう。
毎日が違うから、いつもワクワクして楽しいの!
みんなといるとそれだけで幸せなの。

私たちが自然を守るためにできること

散歩中に中国の観光客の親子連れ(お父さんと息子)の方達に遭遇した時の事でした。
目の前を歩いていたかと思うと、道端にあるゴミ(カロリーメイトの箱)をお父さんが拾いました。

その光景を目にした私は、外国から来た観光客の方がこの綺麗な景色を見て感動して、それだけではなく
落ちているゴミまで拾うなんて、と驚きとともに日本人として恥ずかしくなりました。

水辺を泳いでいる鴨さんたちの傍には発砲スチロールの箱やサンドイッチなどを包んでいるフィルムが浮いていました。
直ぐ近くには工場が並び排気ガスの匂いが流れていました。

公園に来ていつも私が感じることですが、私たち人間は公園に来て自然のエネルギーを感じ取っているけれど、その自然に
感謝したり、自然を大切にしている人はいるのかな、と。
この鴨さんたちのことを心から思ってくれる人はどれだけいるのだろう、と。

地球温暖化の影響で今年は富山県でも積雪がほとんどなく、異常気象だと感じていました。
私たち人間にとって雪がないのは寒さも和らいだり、除雪する必要がなかったり、助かることもありますが、動植物たちにとっては
もっと深刻な状況になっているのではないかと思います。
私が以前、暮らしていた沖縄県でも珊瑚の白化現象が進んでいます。

また、富山県では昨年秋ごろからの熊出没情報がニュースで話題となっていましたが、 子熊や何もしていない熊までもが銃殺されてしまったり本当に悲しくて居た堪れない思いでした。
熊たちが住む森の木を人間が伐採したり、森に木の実などの食べ物がなくやむを得ず、熊が町まで降りてきてしまうのではないでしょうか。
ワンネス(すべてはひとつ、あなたは私・私はあなた)の観点で見てみるとどうでしょう。
もし自分が熊さんの立場だったら、と考えると言葉に詰まる思いです。

地球温暖化
地球規模の「気候変動」をもたらし、自然環境や人の暮らしに、大きな被害をもたらすと考えられている地球温暖化。近年はその被害の大きさから、気候変動ではなく「気候危機」という呼び方も使われています。この地球温暖化はなぜ、どのようにして起きるのか? 原因は二酸化炭素なのか? この温暖化によって地球の気温はどれくらい上昇し、どんな影響が及ぼうとしているのか?

温暖化とは?温暖化の仕組みを解説

もっと根本的な問題を直視して、自然を守る活動が普及してほしいと願っています。

私たちができることは、車のアイドリングストップ、ゴミのポイ捨てをしないこと、ゴミを増やさないこと、 食器用洗剤の使用をできるだけ止めることしか私には思いつきませんが、少しでも多くの人の意識が変わり自然に目を向けてくれる人が増えることを願っています。

私が実践しているアイドリングストップについての記事をシェアしたいと思います。
アイドリングストップ
https://www.erca.go.jp/yobou/taiki/yougo/kw5.html

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です